IT業界

プログラマー35歳定年説の真実と40歳の壁

巷でささやかれている「プログラマー35歳定年(限界)説」というものがあります。
私もIT業界で働く前は、働き盛りの35歳で定年なんてそんなまさか!?と疑問に思っていました。
実際にIT業界で底辺SIer、その後フリーのWebエンジニアとして働いてみて分かった真実、そして40歳の壁なるものについて語っていきます。

プログラマー35歳定年(限界)説とは?

ウィキペディアには、プログラマ定年説について以下のように書かれています。

プログラマ定年説

プログラミング技術は進歩が激しく、技術の陳腐化も著しいため、プログラマは常に新しい技術に目を向け習得していくバイタリティや、場合によっては永年の努力によって培ってきた技術を捨て去る柔軟性が必要である。また、年功序列的賃金体系のもとでは、高年齢のプログラマはコストが高すぎると考える企業がある(特にプログラミングを単純作業と考える企業に多い)。俗にIT土方とも呼ばれデスマーチとなった場合は徹夜が続いたり体力が必要となってくる。そのため、プログラマとしての限界は30~35歳前後であるという説が存在した。これは「プログラマ35(30)歳定年説」と呼ばれる。

参照:ウィキペディア「プログラマ」

要するに、

  • 新しい技術を習得しにくくなってくる
  • 体力的に厳しくなってくる
  • 高齢プログラマーはコストが掛かる

というところから、プログラマー35歳定年説がささやかれるようになりました。

プログラマーが35歳で定年というのは嘘だが・・・

私はIT業界で働いてきて約10年になります。いくつもの現場を経験し、何人ものプログラマーと関わってきましたが、35歳で定年を迎えた人は一人もいなかったです。

むしろ、30代のプログラマーは非常に需要が高いです。
現場で要員が必要となったときに、20代のプログラマーはスキル面でまだ未熟ですし、40代以上のプログラマーだと扱いづらい面があります。
30代のプログラマーだと、ある程度経験も積んでいてそれなりのスキルもあって即戦力となります。

しかし、40代以上のプログラマーとなると、「40代はちょっとなぁ・・・」とまず最初に年齢でシャットアウトされてしまいがちです。まるで婚活市場の30代女性のような扱いです。
スキルや単金が同じくらいの20代〜40代のプログラマーがいたときに、30代のプログラマーが選ばれやすいというのは事実です。

もちろん、40代以上のプログラマーも存在しますが、40歳の壁は厚いです。
秀でたスキルを持っているのにも関わらず、新たな派遣先が見つからずに自社待機が続いてしまう、同じ会社の40代のプログラマーを目の当たりにしてきました。
なるべく40歳以上のプログラマーは避けたいというのが現場の本音なのです。

分岐点に立たされる30代プログラマー

40歳のプログラマーが新たな派遣先に入りづらい現実を分かっていただけたかと思います。
SIerの30代プログラマーは、40歳をむかえて手遅れになる前に、自分のやりたい仕事や目指すべきキャリアを明確にしておく必要があります。
年齢を重ねてもIT業界に生き残っていくための3つのパターンを挙げていきます。

管理職を目指す

これが一般的なパターンです。
今の会社で役職を持ち、徐々に人を動かす側を目指していきます。
プロジェクトリーダーになって指示を出したり、営業をして仕事を取ってきたり、プログラマーとしてひたすらコードを書く作業からは遠ざかっていくことになります。

転職してプログラマーを極める

管理職になってプログラムを書けなくなるのは嫌だと感じる根っからのプログラマーは、SIerで働き続けるのは不毛です。
少人数のプログラマーありきの会社に転職すれば、定年まで現役プログラマーでやっていくことも可能です。

  • レバテックキャリア
    IT/Web系のエンジニア、デザイナーの方々向けに特化したエージェント型の転職サービスです。転職先企業の情報が多く、業界最大級の非公開求人数があります。
  • TechStars【テックスターズ】
    エンジニアのための転職サイトです。元エンジニアで、IT業界に特化したエージェント経験が豊富のキャリアアドバイザーによるサポートが受けられます。

フリーのプログラマーに転身する

フリーランスのプログラマーになれば、様々な働き方が選べます。
客先常駐の案件も多いですし(なおかつ給料UP)、在宅で出来るような案件もあります。
クライアントと一度信頼関係が結べれば、継続して仕事を請けるようなことも可能となってきます。
人を動かすのではなく、常に自分が動いていたいという方は、フリーになるのも一つの手段です。

  • レバテックフリーランス
    業務委託・常駐フリーランス専門エージェントです。まだフリーになるか決めていない方、情報収集したいだけの方もOKです。
  • フォスターフリーランス
    フリーランスITエンジニア専門のエージェントです。客先常駐型のみですが、高報酬・高単価の案件・求人が多いです。

まとめ:SIerで定年までプログラマーは厳しい

プログラマー35歳定年説はもはや過去の説ではありますが、35歳を超えて40歳になる辺りからプログラマーとして働きづらくなってくるのは事実です。
特に、客先常駐のSIerだと下流工程のプログラマーは使い捨てになりがちです。
そうなってしまう前に、いま一度この先自分が働く姿を思い浮かべてみてはいかがでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)