雑記

将来の夢

将来の夢

幼稚園や小学校で書かされる、将来の夢
私は夢のない子どもだったので、あれ、ものすごく嫌でした。

幼稚園の頃でさえ、本気でなるつもりなんてないのに、当たり障りなくイメージの良い「おはなやさん」と書いた記憶が微かにあります(笑)

祖母から聞いた話では、私が小学校に入学するときに、「大きくなったら何になりたいの?」と尋ねたところ、「中学や高校までいかないと分からない」と答えたそうで・・・。
祖母はその時賢い子だと思ったそうですが、とんでもないです。
当時の自分に夢を見つけるように言ってやりたいですね。後々苦労するからって。

結局、中学や高校に進んでも、なりたい職業は見つけることが出来ませんでした。
夢がある友達は、進路もそこに向かってまっすぐ進んでいくだけでいいから羨ましいなーなんて思っていました。

大学は、第一志望は不合格だったため、浅く広く幅広い内容を学べる行政系の学部へ進みました。
公務員や銀行に就職する人が多かったですが、どちらもあまり興味を持てませんでした。
かと言って、特段なりたい職業もありませんでした。
就活の時期に突入し、SEになんとなく興味を持ち始めるようになりました。
せめて、IT業界やSEやプログラマーやSIerについてもう少し調べるべきだったと思いますが、今の生活もこれはこれで悪くないのでまぁ良しとします(笑)

そして、夢がないとは言いながらも、今になって思い返してみると、楽しい・好きの延長線上に今の自分がいることに気づきました。
・作ること全般好き
・女子にしてはゲーム好き

・電子手帳がお気に入りだった
・パソコンは家に無かったけれど、ワープロ触るのが楽しかった
・ワープロで自主的にブラインドタッチを覚えた
・小学校のクラブ活動で、仲の良い友達が他のクラブに入る中、パソコンクラブに入った
・スケルトンのMacに憧れていた
・大型電気店にいるとワクワクが止まらない

・大学入学と同時に初めてパソコンを手にし、毎日触っていた
・一時期本当に毎日mixiを更新していた
・SNSは基本好き
・ネットサーフィン飽きない
・スマホは必需品

会社員時代は、仕事はあくまでも仕事で、お金を稼ぐためには多少の我慢が伴うものと思っていました。
しかし最近は、より好きなことを仕事に繋げて行きたいと思うようになりました。
未だに大きな夢は描けないけれど、小さな好きを積み重ねていくことも、一つの夢のかたちなのかもしれません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)