IT業界

IT中小企業のボーナスの実態

私がかつて勤めていたIT系の中小企業では、夏と冬の2回、賞与が出ていました。
今のご時世、貰えるだけありがたいことなのですが、微々たる額でした。
おおよその金額も思い切って公開したいと思います。

自社のボーナスについて

賞与は夏・冬の年2回

私の勤めていた会社のボーナスは夏と冬の年2回で、一般的でした。
ボーナス前には「考課表」を記入し、上司に提出します。
それに基づきボーナス額が決定され、数割程度上乗せされることもありました。

給料1ヶ月分

私が入社して以降は経営状況も厳しく、ボーナスは給料1ヶ月分でした。
一昔前は、もっとたくさん貰えていたようなので、羨ましい限りです。

具体的なボーナス額

それでは肝心のボーナス額を発表します。

  • 少ないときで、手取り10万前半
  • 多いときで、手取り10万後半

・・・でした。

そもそも基本給が低かったので、必然的にボーナス額も少なくなってしまうのです。

自社のボーナスの理想と現実

ボーナス前の自社での会議の時に、社長が「隣の席の他の会社の人よりも、豪華な昼食を食べれるような会社でありたい」といった話をしていて、「えっ・・・」と固まってしまいました。
なぜなら私の普段の昼食は、基本コンビニのおにぎりとパンで、明らかに周りよりも質素だったのです。
他社と比べると明らかにボーナスも給料低いんですよ、ウチの会社。
まさかそんなことを社長に言えるはずもありませんでしたが、内心は失笑と惨めな気持ちが残りました。

同業他社のボーナス事情

他社とのボーナスの比較

ボーナス時期に、同年代のプロパーさんや他社BPさんと飲みに行った際、ボーナスの話になりました。
私はボーナスの額が毎月の給料の額を上回ったことがなかったのですが、プロパーさんは普通に上回っているようでした。
オブラートに包みながらの会話で具体的な額は不明でしたが、自分の会社が一番貰えていないというのは察しました。想定の範囲内でしたけどね。
入社年数が同じプロパーさんが、毎年盛大に海外旅行に行っているのがとても羨ましかったです。

また、年俸制の会社のBPさんは、ボーナスは無いと話していました。しかしその分、普段の給料に上乗せされているのでしょう。

同業の夫のボーナスとの比較

夫はもともと別の会社のBPで、職場恋愛の末結婚しました。
ボーナス額は、私の数倍といったところです。
おそらく平均的であろう夫のボーナスの額を目の当たりにして、なおさら元の会社で働き続けることが馬鹿らしく思えてきました。
同じ職場で、同じような仕事をしていても、雇われている会社によって全然貰える額が違うのですから。

まとめ:IT企業のボーナスはピンキリ

私が勤めていた中小IT企業のボーナスは低かったですが、もっと高い会社もたくさんあれば、ボーナスの出ない会社もあるでしょう。
これはもう入った会社次第としか言いようがありません。
さらに、入った後の経営状況次第で額が変わってくることも考えられます。
現状のボーナスに不満がある方は、転職を視野に入れるのも一つの手段と言えるでしょう。

IT企業は儲かるのか?年収は?最近、女性芸能人がIT企業の社長と交際しているというニュースが続いていますね。 そこで、「IT企業は儲かるのか?」という疑問を抱く人も...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)