IT業界

女性エンジニアが少ないのはなぜ?男女脳の違いからの考察

当ブログでは、女性エンジニアに向けた記事を多く書いています。
しかし、女性エンジニアは男性エンジニアに比べると圧倒的に少数です。
いったいどれほどの女性エンジニアが当ブログを見てくれているのだろう?と、女性向けの記事を書くことをためらうこともありました。

それと同時に、

どうして女性のエンジニアは少ないのだろう?

としばしば考えてきました。
自分自身があまりエンジニア気質ではないと感じており、女性が少ない理由は何となく理解できるのですが、具体的な理由を説明することは出来ませんでした。

そんな中、男女脳について書かれた一冊の本に出会いました。

プログラミングには、男性脳の特性である「論理的な思考」が必要なので、女性のエンジニアは少ないのではないか?

と、答えを見つけられた気がしました。
あくまで私の勝手な考察ですが、解説していきます。

男性脳、女性脳とは?

この記事を書くにあたり参考にした書籍が、メンタリストDaiGoさんの『男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ』です。

男性脳、女性脳の違いを知って、違いを活かす方法が書かれています。
日常生活から仕事まで、あらゆる場面で役に立つ内容ですので、読んで得したと思える一冊でした。

 脳には男性脳、女性脳がある。そしてそれぞれには特性があって、そのために男性脳と女性脳では発想も思考も行動も違ってくる。

出典:メンタリスト DaiGo『男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ』ダイヤモンド社 2014年

「男性脳」「女性脳」という単語は今まで聞いたことがなくても、「男性は論理的」「女性は感情的」といった内容はどこかで聞いたことはあるのではないでしょうか。
しかし必ずしも、男性=男性脳、女性=女性脳というわけではありません。

 実際に、「男性の15%は女性脳、女性の10%は男性脳」という医学的報告もあります。

出典:メンタリスト DaiGo『男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ』ダイヤモンド社 2014年

自分や周りの人が男性脳なのか、それとも女性脳なのかの判断方法も、本に書かれています。
気になる方は、手に取って読んでいただければと思います。

私は判断の結果、女性脳でした。
大学も文系でしたし、論理的思考は苦手です。
そんな女性脳のエンジニアだからこそ、

私はエンジニアに向いてないな・・・

と感じる場面はたくさんありました。

女性脳はエンジニアに必須の論理的思考が苦手

 行動を起こす際、男性脳は「こうで、こうで、こうだから結果こうなるだろう。だから──」と論理的に考えて、「自分が取るべき行動はこうだ」と決めて実践します。
ところが女性脳の場合は、男性脳が考える「こうで、こうで、こうだから──」の部分を無意識に直感で感じ取ってしまいます。だからその部分を端折っていきなり「私はこうする」と、即行動に移ります。
無意識の直感ゆえに、どうしてそういう行動をするのか聞いても、「なぜって言われても直感なんです」と答えるしかないのです。

出典:メンタリスト DaiGo『男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ』ダイヤモンド社 2014年

女性脳の私は、まさに直感で行動してしまいます。
コーディングも、とりあえず書いてみて、とりあえず動かしてみます。

頭の中でしっかり設計を理解して、コードを全部書いて、最後にデバッグして・・・というのがどうにも苦手です。
ちょっとコードを書いたらデバッグ、また書いてデバッグの繰り返しをしていました。

結果としてちゃんと動けば、それでOKでしょう。

と思ってしまうのですが、あまり望ましくないのでしょうね。。

関数も、ちゃんと理解していないまま使っていることも多々ありました。
細かい仕組みまでは完璧に理解できていないけれど、必要な値は間違いなく取得できているので大丈夫、と直感による確信はありました。

男性脳のエンジニアなら、「こうで、こうで、こうだから──」の部分を一つずつ根拠に基づいてコーディングしていき、完成させるでしょう。

一方、女性脳のエンジニアは、「こんな感じだろう」と何となくコーディングしていき、何となく完成させてしまいます。
そんな具合なので、コードレビューも苦手でした。

女性脳のエンジニアが考えるプログラミングとは

女性脳の私にとってのプログラミングは、目的を達成するための手段です。
ですので、プログラミング言語そのものにはあまり興味がありません。

優秀なエンジニア(おそらくほとんどは男性脳のエンジニア)は、仕事以外のプライベートな時間でも、新しいスキルを積極的に学んでいます。
きっと、スキルを学ぶこと自体が楽しいのでしょう。

しかし、女性脳の私は目的もないのにプログラミングを学ぶ気は起きません。
例えば、自分の趣味のサイトを作る過程で、実装したい機能があったとします。
そのためにプライベートの時間を費やし、WordPress関連のスキルを身につけることは苦ではありませんし、思い通りに実装できた瞬間は何より嬉しいです。

ですが、目的もなく「流行りのPythonの学習をしてみよう」というふうには思えません。
「Pythonの仕事を引き受けたい」とか「機械学習に触れてみたい」という目的があれば勉強するでしょうが、小難しい言語の仕組みそのものに興味を持てないのです。
これはエンジニアとしては致命的な欠点だと感じています。

また、私は女性脳とはいえエンジニアになったくらいですので、平均的な女性よりはやや男性脳寄りなのかと思っています。
男性ほどではないにしろ、電化製品やゲームなども好きですし、何かを購入する際にはスペックも重視します。

そんな私ですらプログラミングを趣味にはできていないので、世の大半の女性たちはそもそもプログラミングに関心を持たないのではないでしょうか。
やってみたところで、論理的に考えることができず、挫折してしまう人も多いことでしょう。

言語という観点でしたら、プログラミングよりも語学のほうが、コミュニケーションを得意とする女性脳向きだと思われます。

まとめ:女性脳だとエンジニアは不向きのため少ない

エンジニアに向いているのは、論理的思考が得意な男性脳です。
女性の90%は女性脳ですので、ほとんどの女性はエンジニアに向いていないとも言えます。
女性のエンジニアが少ないのも然りでしょう。

ただ、本には以下のようにも書かれていました。

 このように脳の違いによる適材適所で仕事を分担することが、仕事全体の効率アップにつながっていくのです。
ですから、プロジェクトやチームを組むときに、男性脳の人ばかり、女性脳の人ばかり集めてしまうと、仕事の効率にマイナスの影響が生まれかねません。

出典:メンタリスト DaiGo『男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ』ダイヤモンド社 2014年

女性脳のエンジニアの私でも、プロジェクトやチームの一員として、何らかのプラスの影響を与えることが出来ていたのかもしれません。

自分のエンジニアとしての資質についてはずっと悩んできたので、この本に出会えて良かったです。

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)