転職・退職

在宅フリーランスになって2年経過しました

投稿日:

会社員を辞めて在宅フリーランス兼パートタイマーになったのが二年前のこと。
在宅フリーランス兼パートタイマーになって1年経過しましたという記事を書いたのが一年前でした。
そこからさらに一年が経過し、状況もだいぶ変化しました。
この一年を振り返ってみます。

 

一年間に起こった主な出来事

2017年6月

妊娠中。下旬に里帰り。

 

2017年7月

実家で暇な日々を送る。

 

2017年8月

しばらく仕事はお休みする予定だったけれど、以前担当した案件で2〜3日規模の改修があるけどやってみないかとの打診あり。
ちょうど単調な毎日に飽き飽きしていたのでお引き受けすることに。
臨月で仕事出来るとは、フリーランスならではだなと感じた。

無事仕事は完了、その3日後に出産。
もう少し手間取っていたら危なかった・・・。

 

2017年9月

里帰りを終えて、自宅へ。
マタニティブルー気味に。

 

2017年10月

日中赤ちゃんと二人きりの生活にも徐々に慣れてきた。

 

2017年11月

以前担当した案件で新規ページの作成の依頼あり。
そこまで工数かからないだろうと引き受けたものの、手間取ってしまった。
多いときで12時間稼働した日も。
赤ちゃんがいると自分のペースで仕事出来なかったり、放置して泣かせてしまって罪悪感に駆られたり、精神的にちょっと辛かった。

 

2017年12月

前月の案件が長引き、何か連絡があったときには平均1時間程度作業を。

 

2018年1月

また別の案件を担当。

 

2018年2月

前月に引き続き。
3月からしばらく里帰りでPCを持って帰らないつもりだったので、2月中にとりあえず完了。
確定申告も完了。

 

2018年3月

子どもと一緒に里帰り。
仕事はなし。

 

2018年4月

仕事がなく余裕が生まれたので、自分のやりたいことにチャレンジ。
WordPressでECサイトを作成したり、それに伴い本ブログも更新。

 

2018年5月

前月に引き続き、やりたいことを形にしてみる作業を継続。

 

 

一年間を振り返っての感想

出産前と出産後では、ライフスタイルが大きく変化しました。
赤ちゃんが一緒だと、出産前と同様の働き方は難しいです。
しかし、妊娠中や出産後にも仕事をいただけたことに関しては、とてもありがたかったです。

 

今後の働き方について

最近の我が子は、動くようになり目が話せなくなってきました。
後追いもします。
離乳食も一日三回になりました。
お昼寝の頻度や時間も短くなりました。

在宅とはいえ、子どもを預けずWebエンジニアとしての仕事をするのは、今後ますます厳しくなってくるのではと感じています。
単純作業ではありませんので、頭をフル回転させてじっくり考えたり、集中して一気にソースを書き連ねたりしなければなりません。

かといって、子どもが小さいうちは、保育園に預けてまでフルタイムでは働きたくないと思っています。
どちらの実家も遠いため、病気などをしたときに頼れる先が無いというのも理由の一つです。

やはり現時点での理想の働き方は、在宅フリーランスです。
Webエンジニアに限定せずに、在宅で自分に何が出来るかを模索している最中です。
不安や恐怖もありますが、新しいことにも挑戦してみます。
経過は今後報告していければ・・・と思っています。

広告

広告

-転職・退職
-, , ,

Copyright© おうちIT , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.