IT業界

IT企業は儲かるのか?年収は?

投稿日:

最近、女性芸能人がIT企業の社長と交際しているというニュースが続いていますね。
そこで、「IT企業は儲かるのか?」という疑問を抱く人も多いのではないでしょうか。
中小IT企業に勤務していた筆者が、かつての年収を公開し赤裸々に語ってみます。

中小IT企業に務めていた筆者の年収

自分の年収を公にするのは気が引けますが、退職した今だからこそ公開してしまいます。

1年目は4月入社で1~3月分が含まれないため、除外します。
2年目の年収は、約350万円でした。
3年目から5年目は上がったり下がったり。
そして6年目の年収は、約360万円でした。

同業他社に比べても低いのではないでしょうか。
私の務めていた会社は地方に本社があったため、東京に比べると基本賃金も低いのかもしれません。
それにしても、それなりに残業をしてようやくこの額ですよ。
生活費を稼ぐためにも、残業はある意味必須でした。
何より、何年も務めてもこれしか給料が上がらないのかと、虚しくなりました。

 

中小IT企業に務めている夫の年収

同業の夫は、都内の中小IT企業に務めています。
具体的な金額は控えさせていただきますが、私の務めていた会社よりも年収は高く、IT企業の一般的な金額なのではないかという印象です。
決して高くはないけれど低すぎない、といったところでしょうか。
しかし、残業代込でようやくそれなりの年収となっているのであって、残業がなくなり基本給のみとなってしまえば、家族を養うには足りないでしょう。

 

大手IT企業に務めている人の年収

私は大手IT企業に常駐していたので、そこの社員達と飲みに行く機会なども多くありました。
もちろん、年収の話など直接的に聞いたことはありませんが、ボーナスはたくさんもらっていそうだし、若手でもそれなりにもらっているんだろうなという印象でした。

しかし、役職を持っている方でも、リーズナブルな居酒屋に行ったり、節約していたり、年収1000万は超えていなかったのではないかと思います。

 

フリーランスになってからの年収

フリーランスの場合、給与収入ではなかったり経費が多めだったりと、単純に会社員時代と比較出来ないのですが、会社員時代に比べるとお金にゆとりが出来ました。
ちなみに現在は子育て中のため、収入はほぼゼロです。

 

結論

ごく一部のIT社長は儲かっているようですが、SIer平社員の年収なんて微々たるものです。
稼ぎたい=IT企業に入ろう!と安易に考えることは辞めたほうが賢明です。
また、例え全く同じ仕事をするにしても、入る会社次第で年収には大きく差が生まれてきますので、お気をつけください。

広告

広告

-IT業界
-,

Copyright© おうちIT , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.